乳酸菌 | 動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

乳酸菌を摂取することで、便秘解消や体質改善、

アトピー症状の緩和、花粉症の緩和などが認められています。

腸内環境を整えて美肌効果も期待出来ます。

そこで、乳酸菌で大きく2つに分けられる動物性乳酸菌植物性乳酸菌について

それぞれどのような特徴を持っているのか、その違いについてご紹介します。

動物性乳酸菌

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s

動物性乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれています。

乳製品の中の乳糖をもとにして、乳酸を作っています。

動物性乳酸菌は、他の細菌との共存をせずに単独で生きている乳酸菌。

ほとんどの動物性乳酸菌は、胃酸に弱く、腸まで届かずに分解されてしまいます。

また、食塩にも弱いのが特徴です。

「なんだ、摂取しても意味ないの?」と思われてしまいますが、

動物性乳酸菌にもちゃんと役立つメリットがあるのです。

それは、植物性乳酸菌のエサになり、植物性乳酸菌をより活発化させてくれるのです。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌を一緒に摂取することをお勧めします。

植物性乳酸菌

5363d2e4008556f6b798e9bf41ad5a9e_s

 

植物性乳酸菌は、 納豆、キムチ、ザーサイ、ぬか漬け、

大豆が原料の味噌や醤油などに含まれています。

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と違い他の細菌と共存する事が出来るので、

胃酸や胆汁などに、簡単に分解されてしまう事がありません。

植物性乳酸菌は、腸に届きやすい乳酸菌なのです。

また、植物性乳酸菌は、果糖やブドウ糖、麦芽糖などの養分で増やす事が出来ます。

食塩にも強く、栄養の豊富な場所でなくても生息できますし、

栄養バランスの悪いところでも生息出来ます。

 

知って得する知っ得情報

味噌を選ぶ際には、生味噌がおすすめです。

スーパーなどで販売されているほとんどの味噌は、加熱、殺菌しています。

そうすることで、味噌の発酵を止める事が出来るからです。

ただ、加熱殺菌してしまうと、味噌の中の酵素や乳酸菌は死滅してしまうそうです。

無添加味噌も、アルコールを無添加という事で、生味噌ではないそうです。

常温の場所に置いておいても、色が変化しない味噌は加熱殺菌している証拠。

生味噌の場合、酵素や乳酸菌が生きています。

なので、常温に置いておくと、発酵し続け、色がどんどん濃くなって行き、ガスが発生します。

味噌は、ガンの予防、生活習慣病の予防、老化の予防などの効果を期待出来ます。

また、味噌には、放射線や発がん性物質が及ぼす障害作用を防ぐ効果を期待出来ます。

日常的に、十分な量の味噌を摂取することで、そのような効果も期待出来るのです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ