徹底比較!脱毛の種類別メリット&デメリット

model-456964_1280

いざ脱毛したいと思っても、「どのような脱毛の方法があるのかわからない」とか

「脱毛の種類は知っているけど、メリットやデメリットが知りたい」など迷っている方に

脱毛の種類とそのメリット&デメリットについてご紹介します。

脱毛方法によるメリット&デメリットを知ることで、

自分に合った脱毛方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

脱毛の種類

脱毛する方法には大きく分けて3種類あります。

それぞれメリットとデメリットがあるので、自分にピッタリの脱毛方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

ニードル脱毛 (針脱毛)

hari1

出典 Dr.八木の脱毛情報サイト

ニードル脱毛とは、毛の生えている毛穴に針を刺して、微弱な電流を流すことで、毛根組織を破壊する脱毛方法です。

ニードル脱毛のメリット

・永久脱毛の効果を得ることが出来るので、しっかりと脱毛したい方に適しています。

・光を当てることが出来ない部分などの部分的な脱毛に適しています。(埋没毛、ほくろから生えている毛、色素沈着している場所の脱毛、バストトップ周囲ギリギリの脱毛など)

ニードル脱毛のデメリット

・針を刺すので痛みが大きい。また、毛1本につき10秒ほど電気を流すので、その時に強い痛みを感じます。

・1本1本抜いていくので、時間がかかる。

・手間がかかるので、施術料金が高い。

・ある程度、毛を伸ばしておく必要がある。(肌の露出が多い夏などは大変)

レーザー脱毛

re

出典 Dr.八木の脱毛情報サイト

レーザー脱毛とは、黒、茶色に吸収される波長をもったレーザーを皮膚に当てる事により、毛や毛根などにダメージを与えて脱毛する方法になります。医療レーザーは、医療機関で医師、看護師だけが取り扱い出来る機器です。

レーザー脱毛のメリット

・脱毛効果が高い。

・3回ぐらいでムダ毛の減少を実感。1回ごとの脱毛効果が高いため、脱毛が完了するまでの回数が少ない。(個人差あり)

・医師が施術をするので、皮膚の状態を判断したり、トラブルの際にはアフターケアもあり安心。

レーザー脱毛のデメリット

・レーザー光が黒い色素のメラニンのみに集中する(吸収される)ので、薄い毛や白髪は脱毛出来ない。

・費用が高い。(保険適用外)

・軽く輪ゴムで弾く程度の痛みあり。ニードル脱毛より痛みは少ないですが、フラッシュ脱毛よりは痛いです。(痛みの個人差あり)

・レーザーの出力が高いため、肌を痛めてしまう可能性が高い。(一時的な赤み、腫れなど)

フラッシュ脱毛(光脱毛、IPL)

fr

出典 フルーレ

フラッシュ脱毛とは、IPL(インテンス・パルス・ライト)などの光を照射することにより、毛根のメラニンに働きかけて、毛の再生する力を弱くする脱毛方法です。

フラッシュ脱毛のメリット

・痛みが少ない。(軽く指で弾く程度)

・値段が安い。

・広範囲に照射出来るので施術時間が短い。

フラッシュ脱毛のデメリット

・レーザー脱毛、ニードル脱毛に比べ、脱毛効果が弱い。

・毛の減少を実感しにくい。(個人差もあるのですが、6回以上で実感)

フラッシュ脱毛が出来るサロンには、

ミュゼ・プラチナムKIREIMOシースリーなどがあります。

まとめ

少ない回数で効果を実感したいなら、レーザー脱毛がおすすめ。

また、永久脱毛したい人にもピッタリの脱毛方法です。

ただし、フラッシュ脱毛よりも痛みが大きいので、痛みが少ない脱毛方法を選びたい方には、フラッシュ脱毛がおすすめです。

たくさん通って痛みの少ない脱毛をするならフラッシュ脱毛になります。

また、施術料が安いので、高校生ぐらいから20代位の女性でも、アルバイトのお金を利用して脱毛することも出来るでしょう。(月額制で1万円以下の脱毛サロンなどがあります)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ