アンチエイジングが気になる世代が化粧品を選ぶ5つのポイント

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

10代の頃はまだ良くても20代、

そして25歳のお肌の曲がり角と言われる年齢になると、

アンチエイジングが気になり始めるのではないでしょうか?

特に40代以上の大人の女性のお肌は、

お肌の油分の減少などにより、乾燥肌や敏感肌に傾きやすくなります。

そこで、化粧品を選ぶ時の5つのポイントと、

乾燥肌、敏感肌女性用の基礎化粧品をご紹介します。

化粧品を選ぶ時の5つのポイント

・活性酸素

sa

出典 http://www.s-riken.co.jp/

活性酸素とは、酸素を利用し、エネルギー代謝を行う生物全てに生成されます。

もともと体に備わっている活性酸素を消してくれる機能が

順調に働いていれば問題ないのですが、

タバコ、飲酒、精神的なストレス、放射線、電磁波などの影響を受けて、

活性酸素が増加し、体内の活性酸素除去機能では消しきれなかった活性酸素が、

遺伝子を傷つけたり、タンパク質、脂質を変性させてしまいます。

・糖化

糖化とは、食事などにより過剰に糖分を摂取することで、

血糖値が急激に上昇しインスリンでは処理しきれなくなります。

すると、体内のタンパク質と食事から摂取した糖が結びつくことにより、

AGEs(最終糖化産物)に変化します。

特に寿命の長いコラーゲンやDNAは、

AGEs(最終糖化産物)が長時間蓄積されるので影響を受けやすくなります。

コラーゲンが糖化することにより、肌のくすみ、たるみになることもあります。

AGEs(最終糖化産物)は、年齢とともに増加します。

ag

 

出典 http://www.koutouka.jp/

・光老化(紫外線)

81074aafb9f803644494d56a5a903fce_s

紫外線には、A波、B波、C波があり、その中のA波を長年浴びていると、

シミ、シワ、たるみを引き起こしてしまいます。

これを光老化と呼びます。

・菲薄化

菲薄化とは、年齢とともに、コラーゲン、エラスチンなどのタンパク質の量が減少し、

表皮が薄くなっていく現象のことを指します。

年齢とともに、女性ホルモンの分泌が減ることで、

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが減少。

肌の新陳代謝も悪くなり、皮脂を作る速度も遅くなります。

すると、新しい細胞を作る力も弱くなり、肌が薄くなっていくのです。

その結果、肌の弾力がなくなり、肌のたるみになったりします。

・乾燥

020957

肌の乾燥の原因は、体質、環境、気候なども影響しますが、年齢も乾燥肌の原因の1つ。

年齢とともに、皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質の減少などで、

乾燥肌になったり、乾燥肌になりやすくなってしまいます。

乾燥肌、敏感肌女性用化粧品

ディセンシア アヤナス トライアルセット

ay_クリーム推し(固定)_PC

アヤナス トライアルセット

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド ディセンシア

そのディセンシアが発売している敏感肌、乾燥肌用の基礎化粧品がアヤナスです。

アヤナスには、他の化粧品には使われていない

特許技術の「ヴァイタサイクルヴェール」をASクリームに配合。

ヴァイタサイクルヴェールとは、

バリアを形成し外部刺激から肌を守ると同時に、

ヒト型ナノセラミドなどの保湿成分が角層のすみずみまで浸透します。

そうするこで、正常な肌のターンオーバーを取り戻し、

肌本来の機能を高め、肌荒れを繰り返さない美しい肌へと導きます。

また、アヤナスEVエッセンス(美容液)は、

糖化に着目し、たるみ毛穴、黄ぐすみに徹底アプローチします。

活性酸素、糖化、菲薄化、外部刺激(紫外線など)、乾燥などの対策におすすめです。

ディセンシア サエル トライアルセット

サエル

Decencia

敏感肌、乾燥肌の美白に着目した薬用美白ケアの基礎化粧品です。

コラージュ B.K.AGE

40代。肌の調子に違和感。

年齢を重ねた肌に訪れる「ビンカンソウ」とは?

ビーケーエイジは、持田製薬グループ基礎化粧品

年齢を重ね、肌が乾燥肌、敏感肌に傾いてきた「敏乾燥年齢肌」に対応した基礎化粧品です。

肌にやさしい低刺激、無香料、無色素、アルコール無添加、防腐剤無添加など

肌にやさしい8つのこだわりから作られた基礎化粧品です。

8つのこだわりとは、

1、低刺激性 2、無香料 3、無色素 4、アルコール(エタノール)無添加

5、防腐剤(パラベン等)無添加 6、ノンコメンドジェニックテスト済み

7、パッチテスト済み 8、ステインキングテスト(刺激性の有無の確認テスト)済み

3大保湿成分(セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸)と肌荒れ防止のためのトラネキサム酸を配合。

ビーケーエイジは40代以降の女性の乾燥肌、敏感肌におすすめの基礎化粧品です。

まとめ

普段の食生活だけではカバーしきれない外部刺激からお肌を守るためには、

その人の肌に最適な基礎化粧品を選ぶことが大切です。

毎日使うものなので、しっかりと選びたいですよね。

服装を変えると気分が変わるように、

基礎化粧品を変えてお肌の調子が良くなると気分も変わるものです。

お出かけするのが楽しみになると思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ